サーチュイン遺伝子って何?

サーチュイン遺伝子というものが体内に存在しています。この遺伝子は別名「長生き遺伝子」などと呼ばれています。この遺伝子が活性化することにより遺伝的な調整が行われ寿命を延ばすと考えられています。まだまだ研究段階ですが、サーチュイン遺伝子が長寿の遺伝子であるという証明と報告がなされていますので、マスコミなどで取り上げられ注目されるようになりました。このほかにも、サーチュイン遺伝子は記憶に関する作用もつかさどっているのではないかとみられています。

サーチュイン遺伝子を神経変性疾患治療への応用が出来ないか研究が始まっています。また、そのためにサーチュイン遺伝子を活性化させることがアンチエイジングの第一歩なのではないかと考えられるようになったのです。現在でも、さまざまな研究がなされており、今後の報告が期待されています。サーチュイン遺伝子を活性化させることで、動脈硬化や心不全、肥満などさまざまな生活習慣病などにも効果があるという考えを持っている企業もあります。医療現場でもサーチュイン遺伝子に関する研究結果を踏まえた新薬開発が急ピッチで進められています。

サーチュイン遺伝子を活性化させるには、カロリー制限や食事を摂らず飢餓状態を促すことが例としてあげられていますが、なかなか人間の三大欲の一つ食欲には抗うことができません。他の例として、赤ワインポリフェノールの一つであるレスベラトロールによって活性化するといわれています。体内に存在するサーチュイン遺伝子を活性化させることで、様々な効果が得られるといわれるようになりました。老化を防ぎ、寿命が延びる、加齢による疾患や生活習慣病などを防ぐことができるのではないかと考えられています。まだ研究段階ですが、確実にサーチュイン遺伝子に関する研究は進められており、これを応用した新薬開発なども進んでいるほどです。

サーチュイン遺伝子を活性化させるには、カロリー制限や飢餓状態を作り出すことだといわれています。普段の食事量の7割程度の食事にすることで3~7週間後にサーチュイン遺伝子が活性化したという報告もなされています。このほかには赤ワインポリフェノールの一種として注目されている「レスベラトロール」という成分を摂取することがあげられています。ただし、この効果が実証されたのはマウスによる実験です。人間に換算すると1日にボトル100本分の赤ワインを飲む必要があるということまで分かりました。この方法は不可能な方法ですので、レスベラトールだけを抽出しサプリメントとして商品化する動きが高まりました。体内に効率よく吸収できる加工がなされているものや、高濃度のレスベラトロールなどのサプリメントは効果を期待できそうです。

このほかにも、レスベラトロールの効果を十分に引き出すための植物性ポリフェノールやアミノ酸が含まれたサプリメントはサーチュイン遺伝子を活性化させるだけではなく、美肌、記憶力向上、毎日の元気、若返りなどの効果を期待することができます。

混合肌のスキンケア方法は?

混合肌の人はどんなスキンケアをしても、お肌のアンバランスな状態が改善されないので適当にスキンケアを終わらせてしまおうということが多いと思います。

しかし諦めてしまえば当然お肌の状態がひどくなってしまう一方になりますから、諦めずにスキンケアは、行っていきましょう。

混合肌の人はどのようなスキンケアが良いのかというと、皮脂が多い部分と皮脂が少ない分でケアを分けるのではなく、同じケアを心がけることが大切になってきます。

皮脂が多い部分というのは、もともと、乾燥してしまっていて、乾燥を防ぐために皮脂がたくさん分泌されるようになってしまっているので、きちんと潤いを与えてあげれば皮脂の過剰な分泌が抑えられます。

また乾燥している部分に関しては当然のように保湿を行っていくことでお肌が潤っていきます。ですからどちらにしても混合肌のスキンケアというのは、しっかりとした保湿を行うことが大切になってきます。

もちろん保湿の前の洗顔についても皮脂が多い部分ばかりを重点的に洗うのではなく、しっかりとバランスよく洗顔を行うことが必要になります。

汚れをしっかりと落としてあげた後にたっぷりとお肌全体の保湿をしてあげることによって、皮脂が過剰に分泌されている部分もお肌が潤って安定した状態になってきます。乾燥した部分に関しては継続して保湿を行ってあげるようにすることで、お肌のバランスが保たれるようになり、混合肌の状態が改善されてきます。

ですから混合肌の人は毎日しっかりと保湿に心がけるようにスキンケアを行ってみてください。先ほどの記事で脂性の部分と乾燥しやすい部分があると書きましたが、特にTゾーンの部分が脂性であり、頬や顎の周りが乾燥しやすいという特徴があります。

ただ混合しているということなので、先程までは脂性肌と乾燥肌という組み合わせですが、普通肌と脂性などいくつも組み合わせがあるようです。ただ敏感肌と乾燥肌を組み合わせたものは乾燥性敏感肌と呼びますが、混合肌と呼ばれないという点はあります。

特に脂性も乾燥肌の部分もインナードライと呼ばれる保水力の低下が挙げられることが多いです。インナードライでも様々ですが、セラミド不足がまず挙げられます。

セラミド不足など水分量がなくなっていきやすいのも、バリア機能が低下すると外部からの刺激に弱くなりやすいという面がありますが、ここで大切なのはバリア機能が低下することで内部の水分も外側に出て行ってしまうということがあります。ですので外部からセラミドを補給して内側の水分が外に出てしまわないようにしていくことが大切なことでしょう。

混合肌でも複雑な組み合わせなので、やはり内部の環境であるストレスや生活環境など様々な影響が肌にも出てきますし、便秘やダイエットなどにも出やすいです。ですので気候の変化が大きい日本の場合は保湿を中心として生活環境を整えることは大切です。

女性ホルモンと薄毛の密接な関係は?

女性ホルモンに異常が発生すると、女性の髪も薄毛になる可能性が非常に高くなります。
健康的な髪の毛を維持するためには、女性ホルモンの分泌量に注目してください。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、卵胞ホルモンとも呼ばれており妊娠に関わる作用をもたらす大切な働きを担っています。
自律神経にも大きな影響を及ぼし、体の成長にも大きく関わっていると言われています。
髪の毛にとっても非常に関連性が高く、髪の健やかな成長にも影響を与えています。
ハリやコシのある元気な髪の毛を維持するために必要なコラーゲンの生成にも影響を及ぼします。
エストロゲンが活発に分泌されている若い年代には健康的な髪の毛を維持できるのに、エストロゲンの分泌量が大幅に減る40代以降になると髪の元気がなくなってきて、次第に抜け毛が多くなって薄毛になる方が増えてきます。
エストロゲンの働きが弱くなったため、髪の毛が成長しきれなくなったため抜けやすくなって新しい髪も再生しにくくなったと考えられます。

年齢を重ねると次第にエストロゲンの分泌量が減少するものですが、本来ならエストロゲンが活発に分泌していると考えられる20代の女性にも薄毛の症状が見られる場合もあります。
まだ若いから大丈夫と油断していてはいけないのは、加齢だけでなく生活習慣の影響でエストロゲンの分泌量が減る可能性があるからです。
若い年代の女性が注意しなければいけないのは、睡眠不足や食生活の乱れ、過剰なストレス、疲労感の蓄積、運動不足等の生活習慣の乱れが積み重なるとホルモンバランスが崩れやすくなります。
月経不順の症状が起こっている場合は生活習慣の乱れが原因でホルモンバランスが崩れている可能性が高いと考えてください。
生活習慣の乱れは改善しようと思っても簡単に改善できるものでないため、できる事から地道に取り組むようにしてください。

頭皮汚れを改善するならクレンジングシャンプー

クレンジングと聞くとメイク落としのイメージがあります。しかし、メイク落としだけがクレンジングではありません。

汚れをすっきりと落とす効果があるクレンジングの中でも、注目されているのがシャンプーです。クレンジングシャンプーと呼ばれていて、頭皮汚れを改善します。顔の毛穴ケアは大切ですが、頭皮の場合には顔に比べると大変毛穴が多いので頭皮の毛穴ケアは、非常に大切です。

なぜ、クレンジングシャンプーが注目されているのかといいますと、薄毛に悩んでいる方が増えているからです。薄毛は、男性だけの問題ではなく、女性も悩んでいる方が増えています。

男性の場合、男性ホルモンが原因で薄毛になっていますが、女性は、頭皮に蓄積された汚れが原因の可能性があり、それを改善するのがこちらのシャンプーです。頭皮の汚れが溜まっていくと、健やかな髪を育てることが出来ません。

女性の場合は、ヘアスタイリングを行う時、スプレーを利用したり、ワックスなどを使います。このヘアスタイリングに使った成分を洗髪の時に洗い流すことが出来ればよいのですが、一般的なシャンプーでは洗い流すことは、難しいです。一般的なシャンプーの多くは、シリコン剤が使われていて、毛穴汚れを余計に悪化させてしまいます。

髪には、コーティングする効果があるので、見た目として美しくする効果があり、魅力に感じている方もいるでしょう。しかし、髪本来の美しさを手に入れるのであれば、クレンジング効果があるシャンプーでなければいけないのです。シリコンを全く使っていないノンシリコンタイプですと、毛穴汚れを悪化させることがありません。

頭皮に蓄積された全ての汚れを取り除けます。汚れが改善されますと、頭皮環境が整えられるので、薄毛対策に繋がっているのです。以前までは、このようなクレンジング効果が期待できるシャンプーは、ヘアサロンだけで使われていました。

ヘッドスパ体験が出来るサロンのみだったこともあり、使いたくても使えない状況だったのです。現在は、頭皮環境の見直しが注目されていて、美容雑誌やテレビなどの報道でも特集されています。これにより、多くの女性が自宅でも、頭皮環境を整えたいと思うようになりました。

この声に答えるアイテムとして、市販でもクレンジングシャンプーを手に入れることが可能になったのです。自宅で、本格的なヘッドスパ体験を行ったり、適切な頭皮ケアを行えますから、薄毛に悩む多くの女性を救っているシャンプーとなっています。

暑い夏の季節には、特に頭皮ダメージがありますので、こちらのシャンプーを使いますと、すっきりとした洗い上がりになり、気持ちよく洗髪を行えるアイテムでしょう。

敏感肌のシミ対策ではやはり紫外線のダメージを軽減すること

敏感肌なので、いろいろなことに気をつけています。ひとつは紫外線。

私、紫外線アレルギーがあるんですよ。だから家でできる仕事とか外回りのいらない事務とかをやっています。やっぱり大事なのは、紫外線にさらさないこと。日焼け止めをつけても、すぐに肌荒れしてしまうのが気になっています。

特に紫外線カットは聞きますよ。夏は汗で落ちやすいのが難点ですけど、それ以外のときはサンケアくらいでいいです。夏場は日傘とアームカバーもつけています。もうひとつは美白化粧品を使うことですね。

敏感肌ですが、なるだけ美白化粧品を使うようにしてます。シミができやすいってわかっているので、なるだけ作らないように、そして作りたくないのでケアはきちんとするようにしています。成分はいちいちチェックしますしサンプルやミニサイズを使ってみてから買うようにしていますけど。

いくつか使っても荒れないって分かってるのがあるので、それはいつも切らさないようにしています。それにプラスして、私の場合は成るだけ粗食を心がけています。乳製品を取るのと、スナック菓子やファーストフードは摂らないようにしていますね。

ファーストフードの中には食べるとすぐにニキビが出来るものもあるので。逆に必要なのはサプリメントと野菜。

とにかく、野菜を食べるようにしています。なるだけ野菜。

それも、なるだけビタミンが多そうな緑黄色野菜を食べています。それでシミ対策にはなっています。敏感肌の人の中にはとても悩んでいる人もいるので、このくらいで治るなら問題は無いなって思っています。

敏感肌なので洗顔とか気にしていますが、ここ最近ではクレンジングも良いのにしようと考えていて低刺激のクレンジングを今では使用しています。

植物性オイルが多いクレンジングオイルも良いのですが、私は肌の表面は擦りすぎてしまうような癖があるので、アミノ酸系洗浄成分を使用してあるクレンジングを使用しています。

しっとりしているけど、W洗顔とかもするので、洗顔後にはさっぱり感があります。

サッパリ・サッパリだとやはりツッパリ感が出てしまうので、クレンジングを変えてから化粧品とかの浸透も変わってきているのでシミ解消にも良いのかな?と思います。

敏感肌ってお肌がどんな状態なの?

敏感肌という言葉はよく聞きますが、これはお肌がどのような状態になっていることを指すのでしょうか。

敏感肌というのはお肌の角層が荒れた状態のことを言います。角層が荒れてしまう原因はさまざまで、外部からの刺激でも荒れてしまうことがありますし、ストレスも原因となります。こうした理由で角層が荒れてしまうとお肌の機能が低下し、本来の機能を果たせなくなってしまいます。これが敏感肌の正体です。

さらに具体的に言うと、本来お肌にはセラミドという成分が含まれており、このセラミドがバリアとなって外部の刺激からお肌を守っています。なんらかの理由でこのバリア機能が低下してしまうと、外部の刺激によって炎症を起こしてしまったりかゆみが出てしまったりします。この状態を一般的に敏感肌と呼んでおり、つまりはお肌が刺激にとても弱い状態になっているということになります。

敏感肌といってもバリア機能が低下した状態なので、乾燥肌の方もいますし、脂性の方もいらっしゃるようです。特に乾燥性敏感肌の方は保湿が難しいというよりも使用できる化粧品などの成分が限定されやすいので、高保湿タイプでも乾燥性敏感肌に良い保湿型の化粧水を使用していくとよいでしょう。

外部からの刺激に弱いということはそれだけ肌トラブルを引き起こしてしまう可能性が高いということであり、肌トラブルが発生すればさらにお肌はその機能を低下させてしまうことになります。敏感肌は一度なってしまうとなかなか治りにくいと言われてしますが、こうしたことが原因です。化粧水でしっかり素肌を水分である程度満たしたあとに保湿する際でも刺激の少ない美容液を使用して言ってみてください。刺激が少ない敏感肌 対策の中から敏感肌でも安心の無添加コスメを選んでみてくださいね。

そのため、まずは敏感肌にならないようにするということが重要になり、敏感肌を防ぐためのスキンケアをしっかりとするということが大きなポイントになります。特に乾燥は大敵ですので保湿をしっかりするといった対策が必要になるでしょう。

女性の抜け毛におすすめのシャンプーは?

抜け毛が多くて困っている女性は、毎日使用するシャンプーの選び方にも気を使いたいものです。
シャンプーに配合されている成分によっては、髪の毛や頭皮に大きなダメージを与える可能性が高いため十分注意が必要です。

市販されているシャンプーの種類はたくさん存在しています。
実際に店頭に買いに行って何を買うべきなのか迷う場合は、商品ラベルの目立たない部分に記載されている成分表示を確認してください。
成分表示の中で特に注目してもらいたいのが、洗浄成分である界面活性剤の種類です。
シャンプーに配合されている界面活性剤の種類は高級アルコール系と石鹸系、アミノ酸系の3種類に分かれています。
高級アルコール系の界面活性剤は市販されているシャンプーの大半に配合されており、ラウレス硫酸ナトリウム等の名称が記載されています。
非常に泡立ちが良くて洗浄力が非常に強いため、頭皮に必要な皮脂も落とすリスクが高いものです。
石鹸系は脂肪酸ナトリウム等と記載されている商品が該当し、高級アルコール系よりは若干洗浄力が落ちますが、泡立ちも良くて洗浄力が強いです。
アミノ酸系はココイルやベタイン、メチルアラニン等の洗浄成分が使用されており、穏やかな洗浄力で他の洗浄成分に比べると泡立ちがあまり良くないと感じられます。
これらの洗浄成分の中で女性の抜け毛ケアにおすすめなのが、アミノ酸系洗浄成分が配合されているシャンプーです。

女性の抜け毛が発生する原因は間違ったヘアケアである場合が多く、市販されている洗浄成分が強いシャンプーを使い続けてきたのが大きな要因になると言われています。
市販されているシャンプーは洗浄力が強くて頭皮にダメージを与えやすいだけでなく、指通り良く洗えるように配合されているシリコンが頭皮に付着して毛穴を塞いでいる危険性も指摘されています。
アミノ酸系シャンプーの多くは一部商品を除いてシリコンが配合されていない商品が多いため、頭皮や髪の毛に優しいメリットがあります。特にアトピーの方やスキンケアの際もそうですが、乾燥性敏感肌の様な方だと基本的にはシャンプーでも刺激になりやすいので、抜け毛が多い時にアトピー性皮膚炎と適切な毛隆起の外毛根鞘のケアは外用液剤の選び方が大切だと思いますし、育毛剤選びでもできるだけ効果も大事ですが、毎日使うものなので、刺激が少ないのを選びましょう。