乾燥性敏感肌


乾燥性敏感肌は肌のお手入れが大変!
低刺激で保湿力が高いインナー層のケアに良い化粧水を使いましょう!!
インナー層をケアする注目の成分と選び方のポイントとは?

乾燥性敏感肌に良い低刺激の保湿型化粧水

夏のギラギラした太陽から照り付ける強力な紫外線は、お肌の表面のバリアも壊してしまい、普通の人なら軽い日焼けで済んでいるような場合も、敏感肌の人だと真っ赤になったり、吹き出物が出来たりしてしまうので厄介ですね。肌バリアが低下しやすいのでかなりシミとかも出来やすい状態になってしまうということもあるので、見た目になくても潜在的なシミにつながりやすいから、しっかり予防のためのケアをしていきたいところです。

また普段から丁寧な保湿していくと季節の変わり目で敏感肌が悪化したりゆらぎ肌につながりにくい、もしくは改善しやすいので、刺激の少ない保湿型の化粧水を使用してみてください。

しかも年齢を重ねるとなかなか治りにくくなりますし、肌荒れが治っていない状態でお化粧すると、余計に荒れてしまって、さらにそれを隠すために厚塗りするといった悪循環に陥ってしまうのが辛いところです。特にシミができやすい方は、刺激が強いのも多いので敏感肌でもシミに効く!大人ニキビ×美白ケア化粧水などの低刺激な化粧水を使用していくとよいでしょう。 冬が近づくと空気が乾燥して、さらにお肌ががさがさになりやすいので、乾燥性敏感肌で悩んでいる方は特に、化粧品選びには気を付けるようにしたいですね。

敏感肌の人は皮膚の表面を覆っている表皮の細胞が壊れやすいため、お肌にうるおいを閉じ込める機能が低下しやすいのが特徴です。 ゆえに下手な成分の入っている化粧品を使うと、普通の人は何ともなくても荒れたりするので選ぶのが難しいですが、最近はインターネットで調べれば乾燥性敏感肌用の保湿化粧水ランキングを見ることが出来るので、それを参考にすると良いでしょう。また敏感肌かどうかわからない場合には、敏感肌ってお肌の状態がどうなのか?確認してみると良いです。

お肌の大敵は乾燥なので、うるおい成分たっぷりの保湿化粧水を選ぶのも大事ですが、香料や無鉱物油、アルコール、パラベンなどもお肌の刺激になって良くないので、出来るだけそれらの余分な成分が入っていない、天然成分100%と書かれたものを選ぶことをおすすめします。

まずはお肌に合うか確かめるために、お試しセットから始めるのが良いでしょうね。乾燥性敏感肌だと一番なのはシンプルな化粧水で保湿しやすいセラミドやヒアルロン酸などの成分が配合されているというのがベターな感じですが、良いかもしれません。私も普段セラミド配合の化粧水とかはよく使用していますが、敏感肌対応のコスメだと香りはあまり楽しめないかもしれませんが、シンプルなのでつかやすいです。使ったことない方は使用してみてくださいね。

おすすめ関連記事

敏感肌のスキンケアガイド

敏感肌の基礎知識
敏感肌の注意事項
敏感肌の取扱説明書
敏感肌の化粧水の選び方 イメージ
New!
敏感肌は化粧品の中の
添加物などには気をつけたい!
おさえて欲しい化粧品の選び方

紫外線は敏感肌の大敵! イメージ
PicKup
敏感肌には紫外線は
とっても危険です!
敏感肌の方のためのUV対策とは?

敏感肌の入浴方法 イメージ
Point
お風呂も敏感肌の人には
気をつけたいポイント
敏感肌におすすめの入浴方法とは?